切手 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/11/20 23:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
山崎 太郎さん

2位
切手収集、果てしなき旅そしてロマンを求めて...さん
  • 情報提供カルトール社製の糊はダメですね! 切手収集、果てしなき旅そしてロマンを求めて...切手収集、果てしなき旅そしてロマンを求めて...さんのプロフィール
  •  海外の印刷会社に日本の切手の製造依頼をしてから久しくなりますが、利用者も承知の通りカルトール社製の“ノリ付き”切手の糊は日本の気候に合わないのか、コストダウンなのか詳細は分かりませんが、ダメですね。 画像は8円海外グリーティング切手の発行初日実逓便です。 切手剥奪実逓便です。受け付けた郵便局、集荷した郵便局(区分け含む)、配達した郵便局、到着した郵便局で剥がれた切手の行先を調べてくれとのことです

3位
山崎 太郎さん
4位 ゆぇすけさん
  • 情報提供JAPEX2018 ゆぇすけのコレクション日記ゆぇすけさんのプロフィール
  • 2週続けての上京で仙台から東京に到着したのは夜明け前の5時半でした。先週は東京駅八重洲口着でしたが、今回はバス会社が違うためバスタ新宿着です。築地場外で朝食後、しばらくカフェで時間をつぶして、東海道線で横浜へ。横浜中央郵便局で郵活(エコー年賀の購入と風景印の押印)しました。この後、東京に戻り浅草に向かいました。JAPEX2018会場の 東京都立産業貿易センター台東館にに到着したのは10時半頃でした。トークショー
5位 ゆぇすけさん
  • 情報提供JAPEX2018最終日 ゆぇすけのコレクション日記ゆぇすけさんのプロフィール
  • 今朝はホテルから浅草のJAPEX会場まで散歩がてら歩いて向かいました。途中、花やしき前のポストに立ち寄りました。浅草寺の境内内を横切って、JAPEX2018会場の東京都立産業貿易センター台東館へ。今日は主にブースで切手探しをしていました。夕方早目に会場をあとにし、スカイツリー撮影して東京駅へ向かいました。帰りの新幹線はE6系で。
6位 血液の鉄人さん
  • 情報提供ドクターヘリ 血液の鉄人の医学切手アラカルト血液の鉄人さんのプロフィール
  • ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器を常備して救急専門医と看護師が搭乗して救急現場に向かい、現場から医療機関に搬送するまでの間に患者の救命救急を行うことのできる医療専用のヘリコプターのことを言います。ドクターヘリは救急車の1/3から1/5の時間で救急現場に到着し、迅速に救急救命ができる利点があります。ドクターヘリの運用により従来到底救命出来なかった数多くの命を救うことが出来ています。現在ではドクターヘ
7位 山崎 太郎さん
  • 情報提供JAPEX2018の戦利品 現代切手収集家山崎 太郎さんのプロフィール
  • 第53回全国切手展(JAPEX2018)の戦利品の一部をご紹介。基本的に切手はバインダー売りのをまとめてガバッと買うのが好きなのですが、もちろんそれだけでは集まらない切手があるので個々の切手を探して買ってもいます。その一 […]
8位 ゆぇすけさん
9位 内藤陽介さん
  • 情報提供 ナチス親衛隊のイメージ 郵便学者・内藤陽介のブログ内藤陽介さんのプロフィール
  •  原爆のキノコ雲と独立萬歳を叫ぶ朝鮮人の写真を組み合わせたデザインのTシャツで物議を醸した韓国の音楽グループ“BTS(防弾少年団)”が、過去にもナチス親衛隊(SS)の記章のついた帽子をかぶって雑誌の写真を撮影していたことがわかり、国際的にも問題視されていた件で、きのう(13日)、BTSの所属事務所は被爆者やナチスドイツの行為による被害者の心を傷つけたとして謝罪を表明しました。というわけで、きょうはこんなモ
10位 内藤陽介さん
  • 情報提供 本日、トークやります。 郵便学者・内藤陽介のブログ内藤陽介さんのプロフィール
  •  かねてご案内の通り、本日(16日)15:30より、東京・浅草で開催の全国切手展<JAPEX 2018>会場内で、近日刊行予定の拙著『チェ・ゲバラとキューバ革命』の事前プロモーションのトークイベントを行います。というわけで、その予告編として、この切手を持ってきました。(画像は で拡大されます。なお、イベントの詳細は主催者HPをご覧ください)       これは、2015年にキューバが発行した“クーブル号事件55周
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 内藤陽介さん
  • 情報提供 泰国郵便学(55) 郵便学者・内藤陽介のブログ内藤陽介さんのプロフィール
  •  ご報告がすっかり遅くなりましたが、公益財団法人・日本タイ協会発行の『タイ国情報』第52巻第5号ができあがりました。というわけで、僕の連載「泰国郵便学」の中から、この1点をご紹介します。(画像は で拡大されます)       これは、1977年3月29日に発行されたチュラーロンコーン大学創立60周年の記念切手です。 1871年、ラーマ5世(チュラーロンコーン)は、近代化政策の一環として、王宮内に近習団学校
更新時刻:18/11/20 23:30現在